ぞうさん物語

第2話「本当にやめられるの?」

嫁に内緒の借金が500万もあるこの物語の主人公「ぞうさん」。

それなのに、昨日もギャンブルに行ってしまい、4万円も負ける始末…。

さすがの「ぞうさん」もへこんでいる様子。

そんなときに現れた「神さま」がギャンブルはやめられると公言した。

ぞうさん
ぞうさん
本当にやめられるんですかね?今までいろいろ試しまくりましたよ。
神様
神様
大丈夫じゃ。余裕余裕♫
ぞうさん
ぞうさん
あんた、ギャンブル依存なめてるだろ。そう簡単にやめられたら、借金500になるまでやってねえわ。
神様
神様
そうかい。じゃあ、無理だな。
ぞうさん
ぞうさん
えっ!?早くね。意見変えるの。
神様
神様
だって、お主がわしを信じないんだもん。
ぞうさん
ぞうさん
信じるも信じないも…、そういうことじゃないのよ。本当に大丈夫かってこと。いろいろ試したんだってばよ。
神様
神様
例えば?
ぞうさん
ぞうさん
そうだなあ。まずは絶対やらない!って、気合入れなおしました!
神様
神様
うんうん。それで?
ぞうさん
ぞうさん
気合だけじゃ、ダメでした。精神論では無理です。
神様
神様
そうじゃな。ギャンブル依存は気合や精神論で治るもんじゃない。で、次にどうした?
ぞうさん
ぞうさん
次は、記録を取るようにしました。○日行ってない。みたいな。
神様
神様
記録に取るのはいいことじゃな。で、それもダメだったの?
ぞうさん
ぞうさん
だめでしたね。最初はよかったんですが。慣れてきたら、行っちゃいましたね。
神様
神様
ほんと、お前はクズだな。
ぞうさん
ぞうさん
グサッ!なんてこと言うんですか?今どき、先生でも言いませんよ。クズだなんて。
神様
神様
わしは、神であり、教師ではない。だから、言ってもいいのじゃ。
ぞうさん
ぞうさん
神さまなのに口悪いなんて。絶対に直した方がいいですよ。とにかく、記録を取るのもダメでした。
神様
神様
やったのはそれだけか?
ぞうさん
ぞうさん
はい。
神様
神様
クソ野郎が…。
ぞうさん
ぞうさん
もう、殴ってもいいですか?神さまでも。
神様
神様
神さまを殴るだなんて、なんて罰当たりなんじゃ。
ぞうさん
ぞうさん
そろそろ、答えをください。神さま。
神様
神様
まず、現金を持つな。それから銀行やクレジットカードも持つな。それだけで良い。
ぞうさん
ぞうさん
現金を持たない。クレカも。いや、それはさすがに無理ですよ。もしも何かあったらどうするんですか?
神様
神様
もしも何かあれば?例えば、どんなことじゃ?
ぞうさん
ぞうさん
ほら、急な出費的な。
神様
神様
急な出費?例えば?
ぞうさん
ぞうさん
うっ!例えが浮かばない。
神様
神様
そうじゃろ。急な出費なんて、急にお金がいる場面なんて、そんなもん、めったにないわい。ってか、ないに等しい。
ぞうさん
ぞうさん
確かに。お金が手元になければ、ギャンブルに行きたくなっても、物理的にいけないというわけか。そうすれば、根性や精神うんぬんではなく、そもそも行くことができないというわけか。
神様
神様
そうじゃ。お金が手元になければ、行きたくなっても行けないじゃろ。通帳やクレカも絶対に持っていちゃいかん。おろしてしまうからな。
ぞうさん
ぞうさん
確かにギャンブルに行きたくなったら、速攻で銀行に行っちゃいます。
神様
神様
まあ、やってみなさい。コーヒーおかわり。
ぞうさん
ぞうさん
あっ、ハイ。コーヒーですね。しかし、そんな簡単なことになぜ、今まで気づかなかったのだろう。バカだな俺は。

神さまに現金と通帳、クレカを外に持っていくなと言われたこの物語の主人公「ぞうさん」

さてさて、ギャンブルはやめることができるのでしょうか?

続く…。