こだわりはありますか?
その他(雑記)

掃除をすることの良さと意味

こんにちは。コダワリストぞうさんです。

こだわることが人生を華やかにする、こだわることで自己肯定感が上がる、みんな「コダワリスト」になるとハッピーをコンセプトに活動しています。

今日のテーマは、「なんか落ちているときは掃除するようにしている」です。

まったくもって、テーマの通りが結論なのですが、その理由を書いていきますのでどうかよろしくお願いします。

なんか落ちているな―ってときないですか?

「なんか落ちている」という言葉には2つの意味があります。

1つ目は、本当に何かが床に落ちているとき。
2つ目は、気分が落ちているとき。

今回のテーマは後者です。

さっそくですが、生きている中で、なーんか、最近落ちているな―と思うことありませんか?

なんとなくうまくいかない。特に理由もないけど気が付くと落ち込んでいる。なんかあんまりやる気出ない。

そんなことがあるとき、私は掃除をします。

こういうときは、きまってどこかの部屋が汚れていたり、いらないものがたまっていたりします。

迷ったら捨てる

私の掃除法は、ゴミ袋を片手に、いらないものをガンガン捨てるスタイルです。

判断基準は、迷ったら捨てる。迷わないものは捨てる。いるものは置いとく。

私の40年の人生で、迷ったものを置いていて、「よかったー。」と思ったものは一つもありません!

これは断言できます。

だから、捨てるか迷ったものは捨てましょう。

モノが減ると余白ができる

「モノが減ると余白ができる」

この言葉も2つの意味があります。

1つは物理的な意味、もう1つは精神的な意味です。

物理的な意味では、空いたスペースができ、とてもいい気分になります。

やってはいけないことは、その余白部分に何かを置くことです。モノが減ったおかげで空いたスペースに何かを置きたい気持ちはわかりますが、そこは何も置かずにいましょう。

そこを見るだけで、やった感が出て、いい気分になるからです。

そして、その空いたスペースと同様、きれいになった所を見ると、心も洗われます。

これ、ホントです。

決して、上手く言ってるわけじゃなくて、本当に心にも余裕が生まれるんです。

トイレ掃除もおススメ

自分の部屋を掃除してモノを減らすこともいいのですが、さらにおススメなのがトイレ掃除です。

トイレを磨く。

そして、きれいになった便器を眺める。

心もきれいになります。

こちらも上手いこと言ってるのではないですよ。

本当に心がきれいになるんです。

なんでだろう?

なんかわかりませんが、本当に心がきれいになるんです。

分からない人は、やってみてとしか言いようがありません。

部屋にできるだけ、モノを置かない

掃除の後に、なぜかモノを同じくらい置いてしまう人がいるのですが、これはやめた方がいいと思います。

モノを減らし、視覚にもモノが減ったようにしなければ意味がありません。

モノが物理的に減るから、心にも余裕が生まれ、次の何かを受け入れる準備ができるんです

この次の何かを受け入れる準備が、なんか落ちているな―の解決策なんです。

なんか落ちているときって、チャンスが見過ごすことが多いんです。

今、落ちているからやめとこ、とかそもそもチャンスをチャンスとしてみることができないとか。

でも、掃除をすることで心の隙間が生まれ、何かを受け入れる余裕どころか、何かを受け入れたい気持ちでいっぱいになるんです。

掃除をしたときに、空いたスペースに新しい何かを置きたくなる気持ちと同じです。

心も一緒なんです。

だからこそ、掃除をしたらどうでしょうか?という私の提案でした。

ここまで、お読みいただき本当にありがとうございました。

よかったら、いいねをお願いします。フォローしていただいたら、泣きます。

これからも末永くよろしくお願いします。

ブログ村 ぽちっとお願いします。
PVアクセスランキング にほんブログ村
コダワリスト
ぞうさん
コダワリスト。こだわることで人生が華やかになる。こだわることで自己肯定感が上がる。人生で必要なものはお金でも見た目でも肩書きでもない。「こだわること」です。こだわりを持つことで次第にお金、見た目の印象、肩書きがよくなる。
\ Follow me /