不登校

ぼくのしょーもないプライドを消すと明かりが見えた

7月から小学校に行っている息子が不登校だ。

夏休みはいろいろな経験をさせ、元気になった。

しかし、9月は行かなかった。

10月の運動会も行かなかった。

このままだと、夫婦共働きなのだが、どっちかが退職をしなければいけない。

そこで、あることをした。

それは、職場に相談すること。

実は、妻はとっくの昔に職場に連絡しており、朝の融通が利くようになっていた。

しかし、ぼくは職場に息子のことを言っていなかったので、遅刻はできない。

だが、そんなことを言っている場合ではなくなってきたので、ぼくも職場に相談することにした。

現在、息子が不登校であり、これからしばしば有休をもらうことになると。

幸い、とても理解してもらい休んでもいいこととなった。

話をするときは、勇気がいった。

なぜなら、息子の不登校=親のしつけがなっていないと思われないかということだ。

本当に今考えるとなさけない。

父親の変なプライドのせいで、朝どれだけ妻やじいじとばあばに迷惑をかけているか。

3人ともそれぞれ自分のやることがある。

なのにぼくだけ仕事だからと朝、家を出る。

特に何も言われていないが、ぼくも朝、休める方が3人の負担が減るのは明白だ。

実は運動会が過ぎたあたりから、もう一つの問題が出てきていたのだ。

それについては、次回。

ここで言いたいのは、変なプライドを捨てて助けを求めることは大事だということ。

プライドという鎧は、外してみると軽くなること。心が。

今ここに、本当の4人態勢が出来上がった。

RELATED POST