不登校

夏休み、エネルギー満タンか?

息子が7月から不登校である。

息子は小学校3年生。

ある日突然、「学校行かへん。」と宣言。

7月いっぱい休んだ。

始めは2,3日で行くようになるだろうと思ったが、そうならなかった。

そして、夏休み。

何日か過ごして、わかったことは「愛情不足」が原因かなということ。

本も読んだ。

エネルギー不足。

それもあるなと思った。

だから、夏休みは息子のエネルギーを満タンにしようと思った。

そして、夏休み恒例の旅行。

7月終わりはコロナも落ち着いていたので、1泊2日の旅行を慣行した。

某遊園地に行ったのだが、息子の行動力が凄かった。

謎を解いていくようなエンタメだったんだが、7月では見たことのないような行動力。

どんどん自分で動く。

こんな能動的な息子はなかなかなくて、本当に嬉しかった。

これで、2学期からは学校に行くだろう。

絶対に解決だ。

笑顔溢れる息子の顔を見てそう思った。

夏休みは、息子のエネルギーをしっかりと蓄えるためにたくさん遊んだ。

野球をしたり、サッカーをしたり、散歩をしたり。

パズルやレゴ、本など様々なことを一緒にした。

すると少しずつではあるが、息子の表情がよくなってきた。

よし。

これでうまくいく。

夏休みがおわった。

どうなったか?

9月1日。始業式。

結果は。

行かなかった。

続く…。

RELATED POST