こだわりはありますか?
コダワリスト

子どもが小さいのは今だけ~だから愛情を精一杯注ぐ~

どうもこんにちは。

本記事をお読みいただきありがとうございます。

こだわりのプロ、コダワリストぞうさんと申します。

ツイッターフォロワーは6900人になりました。

本当にありがとうございます。

このブログでは私がこだわっているコト・モノを中心に独断と偏見でお伝えし、読んでいる人が楽しく読めるようしたいと思って書いております。

また、少しでもお役に立てればと思い書いています。

できるだけ、毎日更新を心がけていきたいなと思っています。

どうか、末永くよろしくお願いいたします。(おもしろかったり、役に立ったりすればスキをお願いします。)

今日のこだわりは「子どもが小さいのは今だけのこだわり」です。

ズバリ、人生100年時代において、子どもが子どもでいられるのは、わずかな時間です。

親が子どもを子どもとして見られるのも限りがあります。

そして、その時間はとても短いです。

幼い子どもといられるのは今だけ

現在、私には小学二年生と幼稚園の年長さんの子どもが2人います。2人とも男の子です。

本当にかわいいです。

しかし、私はすでに、乳幼児期のかわいさは失っています。

乳幼児期はたったの3、4年です。

小学二年生の息子は、今反抗期まっしぐら。

宿題したくない。親の言うことは無視する。めんどくさいことはしない。

乳幼児期のあの可愛さはどこへやら。

しかし、叱られて泣いたり、どこかをぶつけて泣いたり、甘えてきたり、他の可愛さがあります。

ですが、その可愛さも時と共に消えていきます。

今こそ、子どもを優先にしようじゃないか。

つまりは、小2の可愛さは今だけなんです。

だからこそ、今、子どもを最優先にすべきなんです。

私は、結婚するまでは仕事人間でした。

独身時代は、半日以上働いているのは当たり前、成長するには場数場数。

本もたくさん読みました。

結婚するまでは、自分の時間を100%使えます。その中で仕事の割合はとても高かったです。

しかし、結婚して、子どもが生まれてからは、意識的に仕事のペース配分を緩めました。

だって、今だけです。子どもが小さいのは。

後悔したくない

あとで、幼い子どもともっと遊んどけばよかったとか、もっとこういうことを教えておけばよかった、とか後悔したくないんです。

なぜならば、何度も言いますが、幼い子どもは帰ってこないからです。

なんだか、そう考えると、今の息子たちが愛おしく思えてきます。

多少、親の言うことを聞かなくても、自分もそうだったなとか思えるのです。

子どもと今、しっかりと向き合わないと、後でしっぺ返しを食らう

今、もしも愛情をしっかりと注いでいないと思うならば、即刻愛情を注ぐべきです。

必ず、愛情不足はあとで、しっぺ返しとしてあなたに返ってきます。

これは、教育現場に17年携わってきた私の教員経験から言えることです。

あっ、申し遅れました、わたくしの本業は小学校の先生です。

そして、何年も体育担当や生活指導担当という小学校の柱である仕事を20代の時から任されております。

小学校でも、問題のある児童はいます。

そして、その問題行動の原因は、たいがいが、愛情不足です。

「愛情不足=子どもを見ている時間不足」と言ってもいいかもしれません。

子どもと一緒に家で過ごす時間が長ければいいということではありません。

そうではなくて、子どもを見ている時間です。子どもと話す時間、子どもと遊ぶ時間、などです。

物理的に共働きで子どもと過ごす時間が少なくても、立派な子供に育っているお子さんはたくさんいます。

ですので、一緒にいる時間が長ければいいというのでもありません。

共働きでも、帰ってきてから、子どもの話をしっかりと聞いてあげたり、甘えさせてあげたり(抱きしめる)、そういうことができている家庭の子どもは問題行動を起こさないです。

子どもが自分の元を離れるまでは

子どもが自分の元を離れるまでは、しっかりと子どもとコミュニケーションをとり、子どもと触れ合う時間を取ります。

とにかく、子どもが成長するのはとても速いです。

今、長男は小学2年生ですが、本当にここまであっという間でした。

子どもが中学生になるまでは、しっかりと子どもを見ていきます。

だって、子どもが小さいのは今だけですから。

最後に

もしも、私の記事が役に立ったという方は、フォローをしていただけないでしょうか?

必ず、読者の皆様に還元します。

フォローはちょっと・・・という方はいいねをお願いします。

あと、ツイッターなどSNSで紹介していただけると嬉しいです。

拝読してくださり、ありがとうございました。

ブログ村 ぽちっとお願いします。
PVアクセスランキング にほんブログ村
コダワリスト
ぞうさん
コダワリスト。こだわることで人生が華やかになる。こだわることで自己肯定感が上がる。人生で必要なものはお金でも見た目でも肩書きでもない。「こだわること」です。こだわりを持つことで次第にお金、見た目の印象、肩書きがよくなる。
\ Follow me /