こだわりはありますか?
コダワリスト

言い訳はチャンスを逃す~いい人生は言い訳をしないことから始まる~

どうもこんにちは。

本記事をお読みいただきありがとうございます。

こだわりのプロ、コダワリストぞうさんと申します。

ツイッターフォロワーは6700人になりました。

本当にありがとうございます。

このブログでは私がこだわっているコト・モノを中心に独断と偏見で読んでいる人が楽しく読めるようしたいと思って書いております。

できるだけ、毎日更新を心がけていきたいなと思っています。

どうか、末永くよろしくお願いいたします。

さて、今回ご紹介するこだわりは、「いいわけをしないこだわり」です。

私はいいわけは絶対にしません。

なぜなら、いいわけは成長をしないからです。

いいわけは言うならば、自分を正当化する行為。

遅刻の「いいわけ」、ミスの「いいわけ」。できない「いいわけ」。

遅刻したら、すいません。ミスしたらごめんなさい。できなければできません。これでいいと思うのです。

いいわけは成長を止めるもっとも簡単な手段

いいわけはとても簡単にできます。

例えば、よい副業を見つけたとします。

でも、本業が忙しいし、とか家族との時間を大切にしたい、とか朝が弱いとか、どうしてももっともらしい理由でいいことなのにやめてしまいます。

本業が忙しければ、業務改善はできないか?
家族との時間を大切にしたいのならば、子どもが寝てからはできないか?
朝が弱ければ、夜はどうか?早く寝ることができないか?

いいわけをするくらいなら、副業はしません!の方がいくぶんかスッキリします。

いいわけはできそうなことまでやめさせる怖い魔法

いいわけばかりしていると、口癖が「でも、、、」となってしまいます。どれだけ良いことを知ったとしても、「でも、、、」という思考から始まってしまうのです。

でもでも、とばかり言う人は周りも不快にします。

ですので、あの人に言っても仕方ないと、素晴らしいチャンスをも逃してしまいます。

また、そもそもネガティブなのでチャンスをもチャンスと思えず、挑戦をするチャンスすらやってこなくなります。

いいわけをやめると

いいわけをやめると潔くなります。

先に書きましたが、遅刻をしたらごめんなさい、ミスしたら、ごめんなさい、できないことはできません。

ミスしたときのいいわけは心の中では自分が悪いと実は思っています。非を認めたくないのでいいわけをするのですが、結局は心のどこかで自分が悪いというのは残ります。そして、それは積もります。実はいいわけは自分に嘘をついているのと同じなので精神衛生上もよくありません。

聞いている方も言っている方も消化しきれないのです。

それだったら、非を認め、いいわけをせず、ごめんなさいと言った方が相手にも自分にも心残りはありません。しこりも残りません。

あと、いいわけをやめるとチャレンジ精神が育ちます。

私は興味があることはとりあえず、やってみます。

このnoteしかり、ブログしかり。

納豆を食べ始めたこともそうです本の情報です。

おかげでだるおも~が本当になくなりました

もちろんブログもnoteもまだまだです。順風満帆とは言えません。もっともっとスキが欲しいし、全体ビューもとほほです。もっと見てほしいと思っています。

でもそれは私がみんながもっと見るものを書いていないからであり、そこもいいわけはしません。いいわけするより分析をします

なぜ、これは読まれないのか?
なぜ、これは読まれたのか?

なぜ、スキが付いたのか?
なぜ、スキが付かないのか?

いいわけよりも分析です。

「でも」はチャンスを奪う言葉。

これからも言い訳を絶対にせずにがんばります。

最後に

ここまで、私のつたない文章にお付き合いいただき、ありがとうございました。よかったら、ブックマークをお願いします。

毎日投稿しますのでフォロー、コメントもしていただけると嬉しいです。

みなさんのいいねが、毎日更新のチカラとなっております。

まことにありがとうございます。

このご縁を大事にしたいです。

どうかこれからもよろしくお願いいたします。

よろしければツイッターのフォローもお願いします。

ぞうさん
ぞうさん
よかったら、にほんブログ村へも応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ブログ村 ぽちっとお願いします。
PVアクセスランキング にほんブログ村
コダワリスト
ぞうさん
コダワリスト。こだわることで人生が華やかになる。こだわることで自己肯定感が上がる。人生で必要なものはお金でも見た目でも肩書きでもない。「こだわること」です。こだわりを持つことで次第にお金、見た目の印象、肩書きがよくなる。
\ Follow me /