不登校

息子、エネルギー不足。

夏休み。

7月から不登校になった息子(小3)とガッツリ向き合うぞ。

不登校を受け入れたのは受け入れたが、この夏休みで、例えば昼夜逆転のようなことになるのは絶対に避けたい。

幸いまだ小学3年生ということもあり、夜はきちんと9時ごろには寝ていた。

最低限の健康な生活はキープしたい。

しかし、そんなに甘くはなかった。

夕ご飯の時間。

「ご飯やから食べよかー。」

「いや。」

「学校は行かなくてもいいけど、ご飯は食べないと生きていけないから食べるよ。」

「いや。」

無理やりに座らそうとしてもダメ。

最後には泣き叫ぶ始末。

このころの息子は、正直何かにとりつかれているんじゃないかと思うくらい、おかしかった。

だって、ご飯だよ。

ご飯。

別においしくないご飯じゃない。

なのになぜ?

こんなこともあった。

ちょっとしたことで、言うことを聞かなくて、つい

「出ていけ!」

と言ったら、その瞬間、顔が変わり、本当に出て行こうとした。

小学3年生です。

多感な中学生や高校生ではありません。

息子は追い詰められていたのか?キャパが小さいのか?

今までのいろいろなものがたまっていたのか?

このままではダメだ。

厳しくしてはダメ。

待とう。

待とう。

待とう。

1日くらいご飯食べなくてもいいじゃないか。

それくらいの気持ちで。

強制はやめよう。

人としてやってはいけないことをしているわけではない。

人としてやってはいけないことをしていたら、そこは言う。

そうじゃない場合は、目をつむろう。

しなければいけないことをさせることも大事だが、それよりも息子の意志を、楽しいことを、エネルギーを復活させることを優先させよう。

息子は今、エネルギー不足なんだ。

不登校経験の親が書いた本にそう書いてあった。

この本は、とてもおススメだ。

この時に読み、妻と義理の父母にすぐに薦めた。

この日から、息子のエネルギーを回復することを目標にした。

続く。

RELATED POST