不登校

新たな問題

7月から小学3年生の息子が不登校だ。

夏休みは息子のエネルギーを満タンにするために、様々なことをした。

旅行に行ったり、運動したり、パズルをしたり、話をしたり。

ひどいときは、ご飯を食べることや早く寝ることでさえ、癇癪を起していたが、そういうことはなくなった。

だから、9月から学校へ行くのではないかと淡い期待をしていたが、行かなかった。

なぜ?

しかし、こんなところでぼくたち両親が落ち込んでいても何も始まらない。

というか、現実世界、つまり仕事があるので、悩んでいる暇もない。

さて、どうすればいいのか。

まずは、引き続き、息子のエネルギーの保持。

これは必須だ。

あと、運動会があり、担任の先生からダンスの動画をもらったら、そのダンスにはとても興味を持ち、旅行の時くらいのテンションで、踊り始めたので、これを突破口にしたいと思った。

運動会に参加。

これを目標にしていこう。

しかし、新たな問題が…。

9月、息子が休んでいるときに、息子を家で誰が見ているのか?

それは祖父母だ。

つまり、じいじとばあば。

小学校3年生の息子はギャングエイジとも言われ、ちょっとした反抗期でもある。

だから、ばあばのいうことを聞かなくなる。

不登校の息子もその例外ではなく、ばあばに負担をかけている。

それが新たな問題。

祖父母に頼りすぎていた負担が少しずつではあるが、積み重なっていった。

そして、さらに新たな問題が出てきた。

続く…。

RELATED POST